読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都市力と風土力

建築からの文化論を主に、時事評論を加える。

辰野隆と後藤慶二

f:id:wakashige:20170110125325p:plain

東京駅を設計し、明治建築界の法王とされた辰野金吾の息子辰野隆について考えている。

父金吾は謹厳実直、大変な努力家であったことが隆の残したものからも分かる。しかし息子はその反対に軟弱洒脱であったようだ。漱石荷風の影響を受け、フランス文学を専攻し、パリに留学し、東京帝国大学仏文科の教授となった。本人は、フランス文学の業績よりも映画(特に『外人部隊』や『望郷』など)に凝っていたが、この門下から、小林秀雄三好達治太宰治といった文学者が輩出し、大江健三郎は孫弟子である。人間の幅が大きかったようだ。

明治日本を築いた建築家の息子は、大正から昭和にかけて、日本文学の一水脈を形成した。

同時代の建築家として後藤慶二がいる。司法省に身を置いたので、辰野のライバル妻木頼黄の流れだ。漱石に私淑し『ホトトギス』の挿絵なども描いて、また大正を代表する建築論家でもあった。早世したが豊多摩監獄が残され、のちの分離派建築会に大きな影響を与えた。

文学から建築へ、洋風からモダンへという水脈が感じられる

技術屋の保守性

科学技術は常に進歩しているが、人間とその社会はあまり進歩していない。

僕はそう考えている。

つまり科学技術に関しては常に革新的だが、人間とその社会に関してはどうも保守的なのだ。

僕の周りは圧倒的に技術屋が多く、たいていはそう考えているような気がする。

時に、技術屋の保守性と科学技術の無定見な進歩を批判する文化人がいるが、僕はマスコミに出るカッコイイ文化人よりも、周りにいる汗臭い技術屋を信頼している。

f:id:wakashige:20170110125325p:plain

訪問販売

f:id:wakashige:20160830213752j:plain

僕は学生時代、さまざまなアルバイトをやった。

もちろん経済的な必要からだが、いろいろ経験することが好きだったのだ。

訪問販売を二回やった。どちらも短期間で、たしか春休みだったような気がする。

一つはガス湯沸かし器、もう一つは百科事典のセット。

そのあたりの家を手当たり次第、いきなりドアを叩いて売り込むのだから、ほとんどが門前払い。しかし1日にいくつかはヒットする。他の人と比べて成績は悪くなかった。

ガス湯沸かし器は、日本の経済成長がちょうどそういう時期でもあって、それまでなかった家が据えつけるのは理にかなっているが、問題は百科事典である。有名な学習図書出版社のもので、カラー図版も多く、決して質は悪くないが、何しろ高額なのだ。当時の一般家庭の月収の何倍かである。しかも買ってくれる家は、それほど裕福そうではなく、置き場所があるのか心配になることもあった。販売に成功した時は「やった!」という気分だが、少し後ろめたい。

そして、子供をもつ親が「教育にいい」という言葉にいかに弱いかを知った。

「若さと健康にいい」「綺麗になれる」「子供の教育にいい」この三つの言葉には、魔法のような力がある。

それにつけ込む企業も少なくない。

桑原武夫の蔵書

f:id:wakashige:20170306191111j:plain

桑原武夫さんの蔵書が、遺族に無断で廃棄されていたという。

京都市の図書館に寄贈していたものだが、ダンボール数百個分あり、それが邪魔になったからで、廃棄した職員が咎められた。

桑原武夫は、フランス文学が専門だが、きわめて幅の広い学者で、今西錦司とともに、山岳会京都学派の象徴的な存在であった。密かに尊敬していたのだが、僕の、建築様式の分類と分布の研究、そしてそこからの文化論は、この学派の影響を受けていると感じる。

故松尾稔元名古屋大学総長は、その最後期のメンバーで、豪放磊落、談論風発、僕は気に入られて、よく酒を飲ませてもらった。

それにつけても考えさせられるのは「蔵書」というものの意味である。

実は僕も、名工大の研究室を閉じて、蔵書の処分に困っている。専門書はほとんど大学の准教授に譲ってきたのだが、一般的な単行本や文庫版だけでも相当の量である。家が狭いので、捨ててしまおうかとも思うが、今は絶版で手に入らないものが多いので、どうせ読まないとは思いつつも捨てられないのだ。古い岩波文庫が多く、紙が黄色くなって読みにくい上に、書き込みがたくさんあるから、ブックオフにも出せない。

蔵書はかつて財産であった。

しかしこの情報洪水時代。多くの古い本がネットで読めるし、公共図書館も充実しているし、まさに「断捨離」が時代の趨勢である。いくつも本を出している人間が、あまり本を買わなくなっているのだから、本が売れないと文句を言うわけにもいかない。

本とは何か。蔵書とは何か。改めて考えさせられる。

 

ザ・ページ

最近、ブログの記事が減っていると、言われます。

ヤフーが運営するニュースサイトに連載して、そちらに力を取られていますので、そちらもご覧ください。建築からの文化論(都市化の残像)が中心です。

「THE・PAGE 若山滋」で検索してください。

団体戦の羽生結弦

f:id:wakashige:20170219224927j:plain

羽生結弦が珍しくミスをした。

二つのことを考えた。

このところ彼は気負いすぎているように見えること。

もう一つは、団体戦のエースという重圧だ。個人戦とは異なる、特別なものがあるに違いない。思い出すのは、WBCでのイチローの不振だ。

しかしイチローが何とかしたように、羽生も今日のフリーで何とかするだろう。それがエースというものだ。

 

カールビンソンという都市力

f:id:wakashige:20170416212451j:plain

テレビでカールビンソンという空母の概要が紹介されるのを見て思った。

基地の街がそのまま移動してくるようなものだ。

戦力としての都市力である。

これに同じ都市力で対抗しようとする試みはすべて失敗した。ドイツ、日本、ソビエト

これを手こずらせたのは、キューバベトナムイラクなど、戦力としての風土力だ。

北朝鮮は、今、前者に頼ろうとしてる。怖いのは、後者の戦力と化した時かもしれない。