都市力と風土力

建築からの文化論を主に、時事評論を加える。

暴力肯定ではないが日馬富士と忠臣蔵

日馬富士赤穂浪士には似たところがある。

その共通点から、日本社会の「公の論理」と「家の論理」の葛藤を論じた。

https://thepage.jp/detail/20171204-00000003-wordleaf

戦後日本は、絶対平和主義であり、暴力と体罰は絶対否定である。

しかし暴力とは何だろうか。

筆者は子供のころ、とっくみあいの喧嘩が日常茶飯事だった。中学のとき、担任の先生から体が吹っ飛ぶほど強い平手打ちを食らったことがあるが、今その先生をもっとも尊敬している。また大学では、かなり激しい運動部に属していて、試合や練習に手を抜くと体罰として基礎体力運動が追加されるのだが、殴られる方がはるかに楽だと思っていた。しかしその先輩、同輩、後輩の絆は現在でも強い。肉体的にはもっとも苦しいが、精神的にはもっとも楽しい、人生における貴重な青春のひとときだった。

もちろん暴力は許されるべきではない。

しかし荒れた学園での教育現場、若い運動エネルギーの発露において、絶対平和、絶対非暴力では抑えられない現実がある。つまり暴力にも、その性質と程度によっては是認せざるをえないケースがあるのだ。

もちろん暴力は許されるべきではない。

一方で、イジメ、自殺、過労死などの報道、昨今の某女性元国会議員、地方議員などの実態を知ると、この平和であるはずの社会に、言葉の暴力、精神的な暴力が蔓延していることを感じざるをえない。何の得にもならない嫉妬からくる犯罪も多い。心ないマスコミの報道が人間の精神と名誉を損なう場合も少なくない。なぜこんなイヤな国になってしまったのか。

もちろん暴力は許されるべきではない。

しかしこれを機会に、肉体的のみならず、精神的なものも含めて、「暴力とは何か」ということを、改めて考え直してみることは許されるのではないか。

 

努力そのもの

f:id:wakashige:20170110125325p:plain


努力すれば必ず報われるとはいわず、努力しても報われないことが多いと教えてきた。

人はみな同じとはいわず、環境も才能も大きく違い、それを乗り越えるのは困難だと教えてきた。

今の日本の常識には合わない教育者だった。

しかしみんなよく耳を傾けてくれた。

タテマエでなくホンネをいうと思ったのかもしれない。

もっとホンネをいえば、

環境や才能は喜びにつながらないが、努力することはそれだけで喜びだということだ。

小さきもの

家の中に小さきもの二つ

一つは比較的早く成長し、もう一つはゆっくりと成長する

ミサイル、温室効果ガス、原子力、情報技術、遺伝子技術など、あらゆる文明の暴虐の中で、ただ生きていこうとする、天が与えた二つの意志

日馬富士と「排除」の力学

単なる暴行から、モンゴル力士会の問題、貴乃花親方の問題と発展した「日馬富士事件」は、日本文化における「排除」の力学を表している。

三つの世界

f:id:wakashige:20170306191111j:plain


最近、人間には三つの世界があると考えるようになった。

一つ目は、この現実世界。

二つ目は、小説、演劇など、フィクションの世界。

三つ目は、哲学、思想、宗教、祈りなどの精神的な世界。

一つ目は別として、二つ目は、映画、テレビ、ゲーム、ネットなど、近代文明とともに拡大している。それと同時に、三つ目が貧困化しつつあるような気がする。

遅きに失した感もあるが、僕はこれから三つ目の充実をはかりたい。

「プライムニュース」で「昭和の骨」

f:id:wakashige:20170918211333j:plain


「プライムニュース」というBSの番組に、石井一、堺屋太一中西輝政の三人が出演していた。

最近テレビで顔を見なくなったので、もう過去の人かと思ったら大きな間違い。内容については異論もあるが、独特の意見をしっかり主張する。「昭和の骨」を感じた。

それに比べて、最近の地上波の番組は、キャスター、コメンテイター、タレントが、ステレオタイプなことを言うばかり、実に色あせている。政治も劣化したが、マスコミも劣化している。

日本人の言論から「骨」が抜けている。

 

 

日米同盟の文化論

日本とアメリカの同盟について、文化論的に書いた。

これまでの研究を元に、建築と、文化と、日米関係を足早に辿ったので、論文調になったが、面白い論考だと思う。

https://thepage.jp/detail/20171114-00000004-wordleaf