読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都市力と風土力

建築からの文化論を主に、時事評論を加える。

10月3日

先日、あるドイツ人と話していて、10月3日が、再統一の日としてドイツ最大の記念日となっていることを知った。

アメリカは7月4日、独立記念日である。

フランスは7月14日、革命記念日であり、パリ祭である。

「日本は?」と聞かれ、はて・・・。

2月11日、建国記念日というのもピンとこない。

「8月15日」と答えた。

しかしこれは国が誕生した祝祭の日ではない。国(それまでの)が消滅した慟哭の日である。

考えてみれば、われわれはまだ、その「敗北を抱きしめて」生きているのだ。

戦後という時代が特殊なのか、それまでが特殊だったのか、日本という国が特殊なのか。とにかくその国に生きている。

f:id:wakashige:20161014100143j:plain