読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都市力と風土力

建築からの文化論を主に、時事評論を加える。

人生と歴史の霹靂

東日本大震災のときは、自宅の書架から本が飛び出してきた。

ニューヨークの9・11のときは、二機目をライブで見た。

地下鉄サリン事件のときは、原因が分からない不安が大きかった。

阪神淡路大震災のときは、テレビ映像が嘘のようだった。

すべて、青天の霹靂である。

昨今、ミサイルが飛んできそうな気配がある。

これはかなり黒雲が出ているから、青天ではない。とはいえ霹靂がないとは言えない。雷が落ちる確率は、晴天よりも曇天の方がはるかに高い。

そして、晴天にしろ、曇天にしろ、われわれの平凡な日常は、常に霹靂によって切り裂かれていく。

人生とはそういうものだ。

歴史とはそういうものだ。

f:id:wakashige:20170507173919j:plain