都市力と風土力

建築からの文化論を主に、時事評論を加える。

米朝会談の力学と永井陽之助

 

thepage.jp

このところのトランプ金正恩会談の報道に、永井陽之助の講義を思い起こした。

リアリズムの国際政治論はヴィヴィッドな迫力があった。

キューバ危機に似た印象を受けたのは僕だけではないだろう。

様式の転変に魂を込めた建築家

thepage.jp

村野藤吾の目黒区役所=旧千代田生命ビルについて書いた。

建築学科の学生時代に竣工して見に行ったのが懐かしい。

都市も、建築も、人生も変化する。

ホラを吹かない建築家

「君は建築家といっているが、設計をやっているのか」

「昔はやった」

「今はどうだ」

「今はホラを吹いている・・・ル・コルビュジェ丹下健三黒川紀章、みんなホラ吹きの達人だった」

「なるほど。ホラを吹かなければただの設計士ということか」

「そのとおり」

「建築家より設計士の方が尊敬できるな」

「そのとおり・・・しかし最近の建築家はあまりホラを吹かないので少し寂しい」

f:id:wakashige:20170507173919j:plain

腹立たしい事件とコメント

羽生と大谷の活躍から、日本のスポーツマンが、日本の文化と外交の行方を示唆すると書いたら、すぐに腹立たしい事件が起きた。日大アメフト反則事件である。

そして二つの腹立たしいコメントがあった。

「激しいスポーツではああいうことはよくある。今回はヴィデオとSNSの存在で話が多いくなった」(ラジオ)

「日大の内田氏は昭和の監督、青学(駅伝)の原氏は平成の監督」(テレビ)

かつて激しい運動部に属し、昭和の人間でもある小生としては実に腹立たしいコメントだ。

激しい運動部こそあんな卑怯なことはしない。昭和の人間はもっと恥を知っている。

あの行為は、相手選手はもちろん、アメフト関係者と全ファン、のみならず、スポーツ関係者と全ファンの心を傷つける行為である。

f:id:wakashige:20160921090220j:plain

羽生・大谷・日本の文化と外交

thepage.jp

羽生と大谷の活躍から日本の文化と外交の行方を論じました。

浅草・猥雑街の文化論

thepage.jp

どんな都市にも、どんな人間にも、猥雑な部分がある。

整理されすぎた、猥雑のない都市にも人間にも魅力がない。

バランスが幸福

これまでは仕事の合間に碁を打っていたが、今は碁の合間に仕事をしている。

仕事ばかりでは疲れるし、趣味ばかりでは飽きる。

人間はバランスの動物だ。

結局、幸福とはバランスのことだろう。

f:id:wakashige:20170827093719j:plain